ニーベルングの指環 / Die Meistersinger von Nürnberg

『ニーベルングの指環』(ドイツ語: “Der Ring des Nibelungen”)は、リヒャルト・ワーグナーの書いた楽劇。ワーグナー35歳の1848年から61歳の1874年にかけて作曲された。ラストから発表され、4部作完結まで26年。上演に約15時間を要する長大な作品であるので、少なくとも4日間をかけ、新演出を普通1曲しか出せない為、通して演奏することはあまりないが、ドイツのバイロイト祝祭劇場で毎年行われる音楽祭の際やヨーロッパのAクラスのオペラ・ハウスでは目玉作品としてよく上演される。

当初は北欧神話の英雄であるシグルズの物語をモチーフとした『ジークフリートの死』として着想したが、次第に構想がふくらみ現在の形となった。

序夜 『ラインの黄金』(Das Rheingold):2時間40分
第1日 『ワルキューレ』(Die Walküre):3時間50分
第2日 『ジークフリート』(Siegfried):4時間
第3日 『神々の黄昏』(Götterdämmerung):4時間30分

  • コメント: 0

関連記事

  1. トリスタンとイゾルデ / Tristan und Isolde

  2. 神々の黄昏 / Götterdämmerung

  3. ジークフリート / Siegfried

  4. ラインの黄金 / Das Rheingold

  5. ワルキューレ / Die Walküre

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。